ホーム>リユースジャパン所沢スタッフブログ>2017年6月

2017年6月

引っ張りタイヤ リムまで届いてませんが、、、

2017628112119.jpg

最近はやりの組み方だそうです。

特殊組み込みは当店の得意とするところ。

所沢にある業者や他店で断られた組み込みは大体当店に来ます。

最初から持ってくればいいのに、、、、

お任せください。

 

ただし、ホイールサイズが同じであっても横から見た断面図が違っていれば

条件に合わずタイヤビードが上がらない場合がございます。

あくまでも①タイヤのコンディション、②タイヤ銘柄、③ホイールサイズと④ホイール形状の兼ね合い。

4条件が合って初めて引っ張りタイヤが組めます。素人はサイズを決める前にプロに相談してください。

雑誌やネットに書いてあるスペックは全く参考になりません。

 

こういうサイズの組み込みになってくると、その日帰りはできません。

まずは車から外して持ってきて下さい。

基本的に1週間以内に作業を終了しますが、預かり前提でお願いいたします。

 

以前に、シーマ19インチ引っ張りで、フロント215/35R19リア235/35R19で組んだその日に

車につけて、帰り道ビードが落ちてホイールガリガリにタイヤはバースト

なんてことが起こりました。

基本的に引っ張りタイヤは組んでも寝かしましょう。すぐ車につけるのはおすすめしません。

 

詳しくはこちらまでご相談ください。04-2997-8983

 

 

 

 

4tトラック 17.5インチ アルコアのバフ掛けしてみました。

バフ前の画像です。

ビフォア‐


アルコア バフ前画像

 

 

アフター

アルコア バフ後画像所要時間1本2時間

料金8000円+税

PAGE TOP